スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山北壁弥山尾根西稜 (西稜取り付きまで)

日程: 2016年2月28日(日)晴れ、微風
メンバー: A田さん(L)、O野
タイム: 7:20 大山寺近くの有料駐車場-8:10 元谷避難小屋 8:30-9:30 北壁弥山西稜取り付き -13:00 駐車場

----------------------

無料の南光河原駐車場へ駐車予定だったが満車の為、大山寺近くの有料駐車場へ駐める。雪不足のシーズンだが、大山まで来ると雪はタップリ申し分なし。大山寺までの道は、旅館、民宿が立ち並び賑やかな感じが漂う。お寺の周辺で1本入れ、その後は樹林帯を抜け元谷避難小屋まで歩いた。ここまで来ると北壁のスケール感ある景観が広がる。
小屋の中で登攀装備を身に着け、ハイキング気分から一変気持ちも高まり、さあ出発!!
先行トレースに従い広い雪原を進む。

大山北壁

北壁に広がる無木立の急な沢筋は雪崩の巣だろう。現にデブリが発生していた。弥山尾根、別山が迫るにつれ傾斜も急になり、十メートルほど弥山沢をトラバースする箇所では、A田さんから間隔を空けるようにと指示が入った。西稜取付き着は9:30で駐車場をスタートしてから約2時間が経過した。

大山北壁取りつき

ロープを準備しこれから本番を迎えるのだが、前に2パーティーがいて渋滞し進まない。

大山北壁先行パーティー

暫くして、A田さんが下山を決める。残念だが、夕方から天気は下り坂の予報だし、この分だと何時に下山出来るか分からない。
本日の登攀はここまで。

A田さんにお願いし、下山途中に雪稜時のビレー・歩き方・道具の手入れ等を教わった。

軌跡図
大山北壁 軌跡図


By ○野
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

彷徨倶楽部

Author:彷徨倶楽部


彷徨倶楽部ブログへようこそ!
このブログは山岳会「彷徨倶楽部」部員が作っています。
今、このブログをご覧になっているあなたも私たちと一緒に
楽しく安全な山登りをしませんか?
初心者は基礎からご指導します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。