FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外岩からインドアジムへ

前回の岩トレの感覚を忘れたくないと思っていたところ、
Kさんに声をかけて頂き、再び不動岩での岩トレが実現しました。

50mの東壁を登り、懸垂下降。
更に30mの一部チムニー状の壁(砂かぶり4級+)をバックアンドフットでやっとこさ登って、
懸垂下降したところで無情の雨。

インドアのジム、「グラビティリサーチジムなんば」へ移動しました。

最初、ボルダリング壁にトライ。けっこう難しい。
ここで腕がパンプしては来た意味がないので、リード壁に移ります。

私は初めてだったのでビレイ検定を受けました。
その後はHさんとKさんのアドバイスを受けつつ、
登ったり、下りたり、ビレイと夢中で時間が過ぎました。

メンバーになると終日2,000円、平日はシニア割引1,000円。
お薦めです。

華麗なるKさん
resizeボルダー壁K

ムーブが決まるHさん
resizeボルダー壁H

ヌンチャクのかけ方を習い、リードに挑戦
(HさんKさんと、私ではスタンスに足を置く位置が違うことに注目。ここポイント)
resizeリード壁I

難易度の高い壁へ移動して、10cを登るHさん
10CのH

この赤テープが10cへの道
10C.jpg

Kさんも到達、眺めているだけのI
10aの

今年はクライミングの機会が増えて、とてもありがたいでした。
今回、ご指導いただいたお二人をはじめ、感謝の気持ちでいっぱいです。
来年は登るだけでなく、確実なビレイできるようになりたいと思いました。

メモ
①ビレイ時のロープの握り方:確保器から拳ひとつくらい離して、縦に持つ。
(近いと指を挟む)
②ビレイ時に、クライマーがヌンチャクにロープをかけたら、
ロープの張りとたるみを維持するために、ロープを出しながら身体を後ろに移動させる。
(私にはとても難しい)
③ビレイ時にテンションと言われたら、原則しゃがんではいけない。
なぜなら次の動きができないから。
しかし確実にクライマーを止めるには、今のところ、私はしゃがむしかない。

2013.12.21 曇りのち雨
参加者:Kさん、みもざ(彷徨)、Hさん(klcc)

みもざ
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

彷徨倶楽部

Author:彷徨倶楽部


彷徨倶楽部ブログへようこそ!
このブログは山岳会「彷徨倶楽部」部員が作っています。
今、このブログをご覧になっているあなたも私たちと一緒に
楽しく安全な山登りをしませんか?
初心者は基礎からご指導します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。